iPhone ケース

申し訳ありませんが、まだデータがありません。

落っことしてしまう方へ

男性の影

よく、iPhoneのケースを落としてしまう方にはシリコン性のケースがオススメです。
衝撃を吸収するのに一番強いのはシリコン性のケースがよいでしょう。
万が一高いところから落としてしまってもシリコン性の高い衝撃吸収力があれば、ケースもほとんど傷が付くことはなく、本体もしっかりガードされます。
ただ、注意するところはポリカーボネート製と比較すると厚さがあるので、少し使いづらいと感じる方もいるということです。

また、ホワイト系の色は手垢や汚れがつきやすいので、気になる方にはオススメできません。

ファッション性を重視する方へ

ビルの横で通話

iPhoneのケースでどんなことを重要視するかによって素材を選ぶことが大事です。

ファッション製を重視したい方にはカッコイイ革製のケースがオススメです。革製のケースは少し厚みがあるものが多いのですが、その分高級感があるものや味があるもの、スタイリッシュなデザインのものなどがありオシャレです。
本体へのフィット感はないのですがどうしてもかさばってしまうこともあるでしょう。
しかし頑丈に本体を守ってくれるというのは魅力的です、また、革の材質によってはケースが傷着けば傷つくほど、いいデザインになって味がでてくることもあるます。
なので、革製品がスキな方に是非オススメなのがこのケースです。

4と4Sの違い

植物とスマホ

少し前の機種になりますがiPhone4Sはまだまだ人気がある商品です。
この機種はiPhone4SとiPhone4で見た目の違いはほとんど変わりません。なので、同じケースを使おうとしてもいいと言うわけではなく、実はよくみてみるとボタンの位置などが微妙に異なるものです。

そこでiPhone4Sのケースを選ぶ時に気を付けることを紹介します。
やはり、一番重要なことはiPhone4Sと4は違うということで、写真で重ねて見るとすぐにわかるでしょう。
本当に微妙な違いなのでよく同じと思われがちですが、0.数ミリの違いがわかります。
なのでiPhone4のケースはiPhone4Sでは使えないことがあるので注意しましょう。

金属製

アイフォンの絵

iPhoneのケースには金属製のものがあります。
これは他のページで紹介したどのケースよりも当然耐久性にすぐれている金属を使ったケースです。
やはり、金属なので硬さが一番で、ケースとしての機能はとても高いでしょう。
その光沢や質感は他のケースの素材では味わうことができない変わったものでしょう。

気をつけなければいけないことはそのケースの重量です。やはり金属製なので他のどのケースよりも重量は一番重くなってしまうでしょう。
また、iPhoneでは電波の受信感度も悪くなってしまうこともあるようなのでしっかり注意しなければなりません。